So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

山内三代子ピアノリサイタルのお知らせ [ハルモニア活動]

ハルモニアの仲間でピアニストの山内さんが5月22日と6月1日にピアノリサイタルをそれぞれ都内と神奈川で行います。
お時間の許す方、分離唱を基礎とした音感訓練を受けたピアノ演奏がどのようなものか、是非ともお聴きになってください。
山内フライヤー -アップロード_ページ_1.jpg

山内フライヤー -アップロード_ページ_2.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三月、春合宿は無事に終了 [ハルモニア活動]

一ヶ月遅れになりましたが、三月24・25日の春合宿は無事に終了しました。
ここに御報告致します。
数日前に降った季節はずれの雪はどうなるのだろうと心配しましたが、当日は晴天で気温がグングン上がり舗装道路の側面に除雪した塊が残っているだけで不安は杞憂に終わりました。
アルトの女性が都合で参加できなくなり、テナー男性が一人代わりにアルトを歌ってくれました。
それでも全体のハーモニーは維持され、満足のいく合宿でした。
有り難いと思いました。
ハーモニーをハーモニーで終わらせることなくその先へと進む私たちの合唱はそんな試練の中で
進化を遂げていました。これも感謝しかありません。
そしてもう一つ
悠々塾ふぁみりぃの湊さんはじめスタッフ一同の方々
「いつまでもお元気で!」と思うばかりです。
ありがとうございました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

将棋の世界紆余曲折 [社会の関心事]

3月3日(土)の朝日新聞デジタル、ネットの記事で渡辺明棋王、A級から降級決定
 将棋界初の「永世竜王」というのに目がとまった。
渡辺明さんは将棋界では知らぬ人はないでしょう。とても強い。
しかし、一昨年の竜王戦で驚くような事件が起きた。
竜王戦決勝戦に出場が決まっていた三浦弘行九段をあろうことか、対局中にスマホを使って差し手をカンニングしていたとして渡辺明当時竜王が三浦弘行九段を告発したのだ。
結局、三浦九段は竜王戦の挑戦権を取り消されおまけにその年末までの出場停止処分を受けてしまった。竜王戦では渡辺明さんが優勝した。そして賞金4320万円を手にしたのだ。
その後の調査で、三浦九段のソフト使用疑惑は立証されず当時の谷川会長が引責辞任となった。
そして渡辺明さんは三浦九段に「ごめんなさい」と謝ったが竜王を辞退することはなかった。
あれほどまでに強いと思われていた渡辺明さんが何故あんなことをしてしまったのだろう。
私はこのことに引っ掛かっていた。単純ですが、「渡辺明さんは卑怯だ」というのが私の見解。何しろ優勝賞金は4320万円。棋戦のなかで一番の賞金額だ。
そして、今回のニュース。
渡辺明棋王、A級から降級決定だ。
3月2日(金)の順位戦A級で渡辺明さんは三浦弘行九段に敗れたのだ。
実際はどうかわからないが、一昨年の竜王戦で渡辺明九段と三浦弘行九段が対戦していたら果たしてどんな結果になっていたのやら。
私は、「卑怯」という言葉になぜか非人間的な空しさを感じてしまう。どうか、心の底から当たり前の感覚をもった人間であってほしい。

日本という国から卑怯がなくなったらほんとうに美しい国になると思う。
そして、そうなってほしい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まるで解せないのですが‥‥覚醒剤所持で逆転無罪に [社会の関心事]

「無断かばん捜索は違法」覚醒剤所持で逆転無罪に
 産経新聞のネットで見ました。――覚醒剤約10グラムを所持したとして、覚せい剤取締法違反罪に問われた千葉県の男性会社員(47)の控訴審判決で、東京高裁(若園敦雄裁判長)は3月2日、「職務質問した警察官が、無断でかばんの中を調べたのは違法」として、懲役4年、罰金50万円とした一審判決を破棄、無罪を言い渡した。

 判決によると、男性は平成28年11月、千葉県富里市のパチンコ店駐車場で職務質問を受け、持っていたかばんを近くの知人に向けて投げた。
警察官が中から覚醒剤を見つけ、現行犯逮捕した。
 1審千葉地裁判決は、かばん内の捜索を違法とした一方、得られた証拠を採用。しかし、高裁は「警察官はかばんから中身を一つ一つ取り出し、撮影までしていた。許されないと容易に想像できたはずだ」と指摘。
令状がない捜索は違法のため、覚醒剤は証拠にならないと判断した。



何がおかしいかって、若園敦雄裁判長は違法捜査という部分に焦点を当てたこと。
「違法捜査」という捜査手法が全ての悪だ、という事なのだろう。
しかしながら、47歳の被疑者が覚醒剤を所持していたことは事実であろう。
では、覚醒剤の所持は軽微な罪なのだろうか?
違法捜査が令状なしに行われたということだが、では今回の場合令状を取ることが出来たのだろうか?
かばんを勝手に開く事が出来なかったならば覚醒剤を発見することが出来なかったであろう。
とすれば、今回の被疑者は野放しになったということを意味する。
もっと言うならば、今回のように「かばんを勝手に見るな」とすごめば警察官は何ら打つ手がないということだろう。
これから、覚醒剤を所持するには鞄に入れておくに限る。
そういうことを覚醒剤使用者にふれてまわることになるだろう。

かばんに入れておけば絶対に捕まらないぞ、と。

裁判官に社会を良くしようという良心はないのだろうか?

もしかしたら、今回無罪にした被疑者が覚醒剤ゆえに重大犯罪を犯したとしたらこの裁判官はどう責任を取るのだろう?
被疑者を不幸にし、新たな被害者を産む可能性を秘めた判決。

こういうことを「本末転倒」というのだろう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハルモニアの今後の活動予定 [ハルモニア活動]

先ず二月ですが、
25日の第四週日曜日午後1時から、国立AIスタジオにて。
三月は、春合宿の予定です。
24・25日、山梨県北杜市、甲斐大泉にある
ペンション、悠々塾ふぁみりぃにて行います。
お問い合わせは『sawabach@gmail.com』まで。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1月ハルモニア定例活動日 [ハルモニア活動]

この日は団員の多くが風邪のため中止としました。
寒さが厳しく、体調管理をくれぐれもと言ったところで
そううまくいくものでもないでしょうね。
皆さんも、お大事に


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ハルモニア11・12月定例活動 [ハルモニア活動]

もう、年をとうに越してしまいましたが書いておきます。
11月と12月の月例合唱は良くハモり透明の筒の中にいるようでした。
その昔はそんなハーモニーをつくることは至難の業でしたが、そう歌えることがうれしい。
やはり、気の置けない仲間の集まりは良いですね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

2017年10月22日(日)の活動 [ハルモニア活動]

当日は台風22号の接近により、関東では大雨となりました。そのため、終了後の交通の遮断等の可能性を考えて、残念ながら中止としました。

なお、11月の月例活動については26日に予定通り行います。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハルモニア合唱団、今後の活動予定 [ハルモニア活動]

《月例活動》
9月24日(日)午後1時から、国立AIスタジオにて。
10月22日(日)午後1時から、国立AIスタジオにて。
11月26日(日)午後1時から、国立AIスタジオにて。



気温はまだまだ高く残暑が続いていますが、吹く風は少しだけ体にやさしく秋の匂いをはこんでいます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カラオケ実践奮闘記(6) [音楽活動]

《デビュー》
 横浜歌唱会というカラオケサークルをつくってもうすぐ丸三年。
続くかどうかなど考えもしなかったけれど、この活動から得たものはとても多い。
 九月になると私たち地元では住吉神社の秋祭りがあります。
そこへ、仲間のIさんに祭り奉納のための歌をうたってくれないかというお誘いがあったという。
何と!! 嬉しいことか。
Iさんは「やだやだ」と言って腰が引けている。
「そんなことありません。Iさんの歌ならみんなが喜んで聴いてくれます。ぜひやりましょう。」
といってグイと背中を押してあげました。
Iさん、何を隠そう、私の誘いに始めて乗ってくれた人。
二人で始めたカラオケサークルでした。
良いハートを持っているんです。
最初歌った曲では、胸がジーンとなったのを覚えています。
九月の初めの活動日のあとで、本番前に一回練習をしましょうと言いました。
横浜歌唱会の仲間は歌が本当に好きなようです。
嬉しいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -