So-net無料ブログ作成

上海万博盗作疑惑 [社会の関心事]

◆PRソングの作曲者、中国人繆森氏が、日本のシンガー・ソングライター岡本真夜さんのヒット曲「そのままの君でいて」の盗作とされる疑惑についてだ。
◆「真似した」、「しない」は、いつまでたっても水かけ論で終わってしまうことだろう。いつの時代でも、またどんな地域でも起こりうる問題だ。しかし、中国はその人口が多いから、盗作疑惑も多いのか?
◆岡本さんの作品発表は1997年だそうだから、今年3月の発表の上海万博ソングは明らかにはるか後に出来た曲ということになる。
◆彼の作品には外にも他の作曲家の作った曲に似たものがあるという。しかし、言い逃れはいくらでもするだろう。若しくは、本当に自分がつくり、それがたまたま原曲にほとんど似ていたのかも知れない。
◆作曲家というものはその曲風に必ず似たものが出てくる。クラシックで言うなら、バッハはバッハ。ベートーヴェンはベートーヴェン、ショパンはショパンというふうに、知らない曲を聴いても、あれはショパンではないか? と考えるのである。大きな違いはないのである。
◆そこで、中国人繆森氏の作った曲をいくつか並べて聞いてみるのだ。これぞ繆森氏という傾向が必ずある。そして、それのないものが、間違いなく繆森氏の作品ではないのだ。若い頃からの作品をずっと調べてみれば必ずわかる。メキシコや韓国の歌手の歌も盗用しているというではないか[exclamation]
◆繆森氏の作といわれる曲は聴いたことはないし、今後も恐らくは聞くことはないだろうが、作風を比較してみることを裁定者に勧めます。
◆嘘を言うのを『恥』なんだということを世界の人々は中国人に知らせてあげなければいけません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。