So-net無料ブログ作成
検索選択

いざ! 実践 [音楽活動]

―*―いざ! 実践―*―
 知っている曲といっても、部分的にしか覚えていない。
いや、ほとんど覚えていない。 しかし、それを補ってくれたのがYouTubeだ。
知らない曲は何度でも聴いた。
挙げ句の果ては、携帯録音機に録音してヘッドホンをつけて日がな一日聴いていた。
まぁ、楽譜が手に入らないのだからそうやって覚えるほかなかったのだが・・・・。
 メロディもそうだが、それと同等に大切なのは歌詞だ。
歌詞あっての歌、メロディーあっての歌である
作詞・作曲は伊達ではない。
というわけで歌詞もネットで調べた。
そして用意したノートに出来る限り記録していった。
これも意外な発見だったが、歌詞全体を遠目に眺めてみると心の流れがよく分かる
カラオケ画面では歌詞は流れるように部分で表示されるが全体像はわからない。
形の上では歌うことができるのだが、山あり谷ありの部分、心の襞など的確にうたうことは難しいだろう。
 歌詞をノートに書き写すという行為はその曲に対するリスペクトだと思うようになった 。
どんな曲であれつくった人たちは一所懸命に働いたのだ。
私のこれまで知らなかった日 本の大衆音楽の姿が見えてきた。
兎角ヨーロッパ発祥のクラシック音楽は質が高く日本の 歌謡曲は低いものだとの認識を世間やメディアの表現の中から感じる事が多い。
しかし、 果たしてそれは本当なのか? 最近はかなり疑問に感じるようになってきた
色々なことを伝えてくれる歌の世界に感謝の意を込めてこれからも手書きでノートにコツコツと書いていこうと 思う。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。