So-net無料ブログ作成

カラオケ実践奮闘記(2) [音楽活動]

ショック!

 初めてのカラオケサークルの活動日。
私を含めて二人だけの参加。
しかし、淋しくも何ともありませんでした。
というのも二人とも歌が大好き。
防音の音楽室に入り、テーブル前に座るとリモコンを前にして互いに曲をどんどん登録していきました。
当時は記録を取ることなど考えていませんでしたからどんな曲をうたったかは覚えていませんが、当然知っている曲だったろうと思います。
何が何だか分からぬうちに予定の三時間は過ぎていきました。

 ただ、一つだけ嬉しいことがありました。
相方といっても私より三つ上の先輩格ですが、その方の歌で心にジンとくるものがありました。
「これだ、これなんだよ」と心の中で叫んでいたのです。
私の求めていた音楽は心に響く音楽
技術の難易度を競ったり一見高尚そうに見える音楽をうたったり演奏したりすることではないのです。
やってよかったと思いました。
 ところが受難といいましょうか、その次の回から私、風邪を引いてしまいました。それ が咳の出る風邪で、とうとうその年は歌うことが出来ませんでした。もっぱら聞き役にま わりリモコン操作をやっていました。
でも、少しも退屈しなかった。その頃は四名くらいで歌っていたので色々な歌を聴くことが出来てとても楽しかった。むしろ自分が歌わないことで人様の歌をじっくり観察できたのかも知れません。

 いつも人前で合唱指導をしていますので耳だけはよく働きます。
しかし、ここカラオケサークルではそれら歌声を良くしてやろうなどという心は少しも働きません。
うたう人それぞれの良さに耳を凝らして聴き入ることが楽しかったのでそれはそれは幸せでした。少々音を外そうがリズムを崩そうが、そんなことどうでも良い。気にならないんですね。
歌っている人が一生懸命歌うその姿の中に音楽の心があることがはっきりとわかったからです。人の心の底が見えてくるようでした。

 これまで歌好き、音楽好きの人々の中で暮らしてきましたがそれはほんの一部の人々。
潜在的にはもっとたくさんの人が、実は音楽が好き、けれどコーラスをやるほどではないという人の多いのには驚きました。

タグ:カラオケ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。