So-net無料ブログ作成

カラオケ実践奮闘記(5) [音楽活動]

録音してみた――

 これまで合唱練習を録音するためにしか使ったことのない録音機を持っている。
これをカラオケの音楽室に持っていった。どうなるかはわからなかったが、自動音量調節にセットしておよそ二時間半録音しっ放しにしてみた。
 終わって、帰宅後この録音を聴いてみた。驚いたことにとても良く録れている。自分の歌声も思った以上に上手なのには二度ビックリ!
 しかし、これには落とし穴があった。エコーである。地区センターは公共の施設なので多くのグループサークルが入れ替わり立ち替わり利用していて、毎月予約でほぼ一杯なのだ。それまで機械の設定などよくわからなかったので演奏の音量が余りに大きい時にボリュームを下げる位しかしてこなかったのだ。
 録音を再生してはじめてエコーの強さに気付いた。エコーがかかっていると何となく声に響きがあるように聴こえる。実際はそれほど声に響きがあるわけもなく、歌も上手いわけではない。
 このことに気付いてからは自然の状態に聴こえるまでにエコーを落とすようになった。
これでほぼまともに歌唱に挑戦できるだろうと思った。
そう、自分たちのうたう歌を進歩させる準備が出来たというわけだ。これからほんとうの歌の世界へと旅立とう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。