So-net無料ブログ作成
検索選択

長嶋茂雄さんのインタビュー対談(阿川佐和子の番組より) [日記]

何も悲しくないのに涙が出て来た話がある。

 およそ一年前、長嶋茂雄さんのインタビュー対談を見た時の話だ。知っている人もいるでしょうが、いい話。どうぞ聞いて下さい。
 それは、こんな話だった。

 彼は走攻守三拍子揃った選手だったが、意外や意外、彼自身は守備が好きだったという。どういうふうにボールを捕るか、常に考えていたという。それが高じてショートの捕るべき球まで捕ってアウトにするパフォーマンスまでやっていた、・・・長嶋さんらしい。
 また、隠れて練習をした話だとかしてくれた。そう、子供時代は竹でつくったバットで野球をやったそうだ。そういう景色はよくわかる。私はまだ子供だったけれど、物のない時代同じ空気を吸っていたんだなと改めて思い出しました。
 選手になってから敬遠が余りに多いのでバットを持たずに打席に立ったこともあったという。審判に注意されたそうだが、彼らしい。

 嫌いな人はいないというから本当に神様みたいな人だ。68歳で脳梗塞を発症してしまい、右半身が麻痺してしまったという。

 しかし、80歳になるこんにちに至るもかなり強いリハビリをして日々を過ごしているという。ほんのわずかでも進歩することが喜びだという。やはり長嶋茂雄は私たちのヒーローだ。

 彼が日々訓練をしている光景が脳裏に浮かんだ。どうやらこれが私を涙に誘ってしまったようだ。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。