So-net無料ブログ作成
検索選択

言論の不自由の中で・・つぶやき(2) [日記]

見識のなさ

(3月22日の新聞記事。)安倍昭恵さん、「いろいろ世間をお騒がせしている」と述べた。
自らの活動について「国、社会、弱者、世界の平和のために、お休みもなく日々頑張っている」と強調していた。
・・・ほんとうに「世間をお騒がせしている」のだろうか? そうではなくて安倍政権の足元を掬おうとしているのではないかしら。延いては日本という国家を毀損してしまうのではなかろうか。
安倍政権の足元をすくうつもりならばこれまで通りの活動をしていけば良さそうだ。
しかし、安倍首相の応援団として行動しようというのならば、全ての活動自粛が正しいように思える。
無論、照恵さんは安倍政権倒閣のために行動しようとしているとは思えない。しかし、大麻関係者との付き合いなど、危ない橋を渡ってきていることも確かだろう。一歩間違えば内閣など吹っ飛んでしまう。
本当に安倍首相を支えようと思っているならば、ゴミ出しを首相にやらせないで自らやるのが正しいと思うのですが・・・。
世間は安倍さんに何を期待しているかを聞いて伝えるのは正しい。でも、そこまででしょう。意見は一切、絶対に言わないこと。講演会に出席して発言をするなどもってのほかだ。口利きではないが、彼女の発言は総理大臣の後ろ盾を持っているがゆえと捉えられる。恐ろしい。

決して、「国、社会、弱者、世界の平和のために、お休みもなく日々頑張っている」などと言ってほしくなかった。全てが偽善で空しい響きでしかない。所詮は金持ちであり権力の後ろ盾をもった人間の上から目線でしかない。もし、ほんとうに国、社会、弱者、世界の平和のために、おやすみもなく日々頑張りたいのならば、政治家安倍晋三さんが、政治から引退した時を境にやり始めればよいと思う。その時は大いに寄付してまわるといい。

昭恵さんはこんなこともわからないような人なのだろうか?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。